第二種電気主任技術者

電験二種の申し込み手順を全解説!免状交付の申請方法も併せて紹介

685人の方が、この記事を参考にしています。

第二種電気主任技術者(以下「電験二種」とする)は、電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物の保安・管理に必要な資格です。電験二種を受験するにあたり、試験日や申し込み方法を事前に把握しておくとスムーズに準備できるでしょう。

今回は、電験二種の申し込み手順、合格後の免状交付の申請方法について解説します。

電験二種の試験日と申し込み期間

令和3年度における電験二種の試験日、申し込み期間、受験料は次のとおりです。

令和3年度・電験二種の試験日
試験実施日 一次試験 8月21日(土)
二次試験 11月14日(日)
受験申込受付期間 5月17日(月)~6月3日(木)
受験手数料
(非課税)
インターネットによる申し込み 12,400円
郵送による申し込み 12,800円

出典:一般財団法人 電気技術者試験センター
https://www.shiken.or.jp/schedule/pdf/R03denkennittei3.pdf

申し込み方法は、書面の郵送とインターネットと2つの方法があります。申し込みの受付期間は、インターネットの場合は初日の10時~最終日17時まで、郵送は最終日の消印有効です。受付期間が終了するタイミングは申し込み方法によって異なるので、ご注意ください。

電験二種の申し込み方法【インターネット申し込み】

電験二種をインターネットで申し込む手順を紹介します。

マイページを作成して申し込む

まずは電験の試験を主催する、一般財団法人電気技術者試験センターのホームページへアクセスします。IDとパスワードを作成後、マイページの「試験申込」から手順に沿って必要事項を入力しましょう。

なお、申し込む際には、顔写真を登録する必要があります。写真の提出がない場合、受験はできません。

試験地は自宅の最寄りなど、希望の地域を選択します。申し込みの時点で試験会場は決まっておらず、後日送られる受験票に記載される流れです。また、マイページでは申し込み後の入金状況などを確認できるため、IDとパスワードは忘れずに保存しておきましょう。

一次試験の免除申請

一次試験の免除、科目合格の免除も、インターネットの申し込み画面で申請できます。

一次試験が免除されるのは、前回の一次試験に合格し、二次試験に不合格となった場合です。合格科目の免除は、前々年または前年の一次試験において、一部科目を合格した場合に限られます。

一次試験の免除、科目免除の申請手順は次のとおりです。

【科目免除の申請手順】

  1. 試験区分の「一次試験受験者」を選択
  2. 「第二種電気主任技術者試験(一次試験:一部科目受験)」を選択
  3. 情報入力画面に進み、合格証明書の番号を入力
  4. 「合格情報を確認する」ボタンを押し、入力情報に間違いがない場合は「次へ」と移り、続けて入力して申し込みを完了させる

【一次試験免除の申請手順】

  1. 試験区分の「一次試験免除者」を選択
  2. 「第二種電気主任技術者試験(一次試験:免除)」を選択
  3. 情報入力画面に進み、合格証明書の番号を入力
  4. 「合格情報を確認する」ボタンを押し、入力情報に間違いがない場合は「次へ」と移り、続けて入力して申し込みを完了させる

なお、合格証明書の番号がわからない場合、合格証明書の検索サービスで検索可能です。

受験手数料の支払い方法

必要項目の入力後、受験手数料の支払い手続きに移ります。支払い方法は、銀行振り込み、クレジットカード、コンビニ、ペイジーのいずれかを選択します。

クレジットカードを利用する際は、情報画面でカード番号、有効期限を入力して決済を行います。使用できるカードの種類が限られているので注意しましょう。

コンビ二決済は、申し込みの受付画面で指定したコンビニで現金にて支払いします。コンビニ毎に決済手続きの方法が異なるので、事前に確認しましょう。

ペイジー決済は銀行、またはゆうちょ銀行を選択します。金融機関のATM、またはインターネットバンキング、モバイルバンキングで決済が可能です。

なお、クレジット以外の方法で支払期日を過ぎた場合、申し込みが受理されないので注意しましょう。

電験二種の申し込み方法【書面申し込み】

電験二種を、書面で申し込みする場合の手順を紹介します。インターネットよりも時間がかかるため、早めに手続きを行いましょう。

受験案内書の入手方法

書面で申請するには、受験案内書を入手する必要があります。210円の切手を貼ったA4サイズの返信用封筒に「第二種電気主任技術者試験受験案内 請求」と朱書きし、以下に郵送します。

【送付先】
〒104-8584
東京都中央区八丁堀2-9-1 RBM東八重洲ビル8F 一般財団法人 電気技術者試験センター 本部事務局

受験案内書の到着まで1週間程度かかるうえに、配布部数に限度があるため、早めに申請してください。

書面による申し込み方法の流れ

受験案内書の到着後、同封の受験申込書に必要事項を記入しましょう。なお、書面の場合も顔写真の添付が必要です。

一部科目免除、または一次試験免除がある場合、次のとおりに申請します。

【一部科目免除の申請方法】

  1. 受験申込書の「免除申請の有無」欄に○印をつける
  2. 免除する科目に「免」、免除申請以外の科目に「試」を記入する
  3. 指定欄に合格証明書の番号を記入

【一次試験免除の申請方法】

  1. 受験申込書の「一次試験免除」欄に○印をつける

受験手数料は同封の払込取扱票を使用し、郵便局の窓口で納付します。前述のとおり、申し込み期限の最終日までに、郵便局の窓口から郵送しましょう。

電験二種の試験科目と免許交付申請

電験二種の試験科目などの基本情報は、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

参考記事:
電験二種とは?受験料や試験内容・科目、受験資格、合格・認定の仕組みを解説

なお、電験二種の二次試験に合格後、免状を受けるには別途申請が必要です。

免状交付申請は、専用の交付申請書で手続きを行います。免状の交付申請書は、二次試験の合格者のみ、試験結果通知書に同封されます。

交付申請書に必要事項を記入し、受験案内書の場合と同じく電気技術者試験センターに送付します。申請から免状交付まで、およそ2ヵ月かかるので早めに申請しましょう。

電験二種の申し込み方法は2種類ある

電験二種の申し込み方法は、インターネット、書面の郵送の2種類があります。
書面の場合は試験案内書を郵送で請求する必要があり、手元に届くまで1週間程度かかるので早めの申請をおすすめします。一次試験の免除、または科目合格の一部免除がある場合、申請漏れしないよう注意してください。

電験二種の二次試験に合格後、免状は自分で交付申請する必要があります。交付申請書は合格通知書に同封されているため、内容物をよく確認し、忘れずに交付申請しましょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『電験二種の申し込み手順を全解説!免状交付の申請方法も併せて紹介』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください