第二種電気主任技術者

電験二種(第二種電気主任技術者)の難易度・合格率とは?一次試験・二次試験の攻略法

6,186人の方が、この記事を参考にしています。

電験二種(第二種電気主任技術者)は、電圧17万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者になれる資格です。試験にはマークシート式の一次試験と記述式の二次試験が行われ、その両方に合格する必要があります。

初めて電験二種の試験に挑戦する場合、どれくらいの難易度なのか気になる方も多いでしょう。そこで、電験二種の試験科目と難易度、例年の合格率、合格につながる一次試験と二次試験の攻略法について解説します。

電験二種の試験科目一覧

電験二種の一次試験・二次試験の試験科目と、科目ごとの内容は次のとおりです。

電験二種の一次試験科目
科目名 科目の内容
理論 電気理論、電子理論、電気計測および電子計測
電力 発電所および変電所の設計および運転、送電線路および配電線路(屋内配線を含む。)の設計および運用ならびに電気材料
機械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクスならびに電力システムに関する情報伝送および処理
法規 電気法規(保安に関するものに限る。)および電気施設管理

出典:一般財団法人 電気技術者試験センター

電験二種の二次試験科目
科目名 科目の内容
電力・管理 発電所および変電所の設計および運転、送電線路および配電線路(屋内配線を含む。)の設計および運用ならびに電気施設管理
機械・制御 電気機器、パワーエレクトロニクス、自動制御およびメカトロニクス

出典:一般財団法人 電気技術者試験センター

電験二種の試験は科目ごとに行われます。資格を取得するには、全ての科目で合格基準を満たさなければなりません。一次試験で一部の科目のみ合格した場合、翌年度および翌々年度の試験で科目免除になる「科目別合格制度(科目合格保留制度)」を利用できます。3年間で全ての科目に合格すると、二次試験の受験資格が得られる仕組みです。

科目別合格制度は一次試験のみに設けられた制度で、二次試験は対象外です。ただし、一次試験に合格した年度の二次試験が不合格となった場合、翌年度の試験で一次試験が免除になります。

電験二種の難易度と合格率

電験二種の合格率と、試験の難易度について見ていきましょう。

電験二種の合格率

電験二種の一次試験・二次試験における、科目合格者と試験合格者の過去5年間の合格率を紹介します。

電験二種の合格率
年度 一次試験合格率 一次試験科目合格率 二次試験合格率
平成27年度 24.2% 50.7% 12.3%
平成28年度 22.3% 46.1% 19.4%
平成29年度 26.4% 52.5% 13.5%
平成30年度 24.1% 46.5% 14.5%
令和元年度 23.6% 48.9% 22.8%

出典:一般財団法人 電気技術者試験センター

電験二種の難易度

例年2割前後という合格率からわかるように、電験二種の試験はとても難易度が高いものです。一次試験の科目合格率は50%前後と比較的高いため、科目別合格制度を活用し、数年がかりで合格する方も少なくありません。

令和元年度の一次試験における科目別合格者の内訳では、「理論科目」の合格率が33.9%と4科目の中で最も低いという結果でした。ほかの3科目の合格率は50~60%前後と比較的高いことから、理論科目の難しさが見て取れます。

そして、記述式である二次試験は、マークシート式の一次試験よりもさらに難易度が高くなります。高度な計算問題が登場するうえに、論述問題が試験の中心になるためです。電験二種の計算問題では微分積分などの高度な数学の知識が必要で、学力によっては数学を勉強し直すケースもあります。二次試験も2科目でそれぞれ合格する必要があるため、計算問題も含めて苦手分野を攻略し、穴を作らないことが重要です。

電験二種に合格するコツ

電験二種の試験に挑む前に知っておきたい、一次試験と二次試験に合格するためのコツを紹介します。

電験二種の一次試験攻略は理論と機械がカギ

合格率の章でお伝えしたように、一次試験では「理論」が最も難しい科目です。計算問題は出題されませんが、理論科目では微分積分やラプラス変換といった数学の知識が必要です。理論を攻略するためには、数学の参考書と問題集や過去問を組み合わせて勉強することをおすすめします。

また、「電力」「機械」「法規」の3科目は電験三種(第三種電気主任技術者)よりややレベルが高い程度といわれており、電験二種の過去問で対応可能です。機械科目は出題範囲が広いため、勉強時間を多くとる必要があるでしょう。また、電力の勉強は二次試験の論述問題にも役立つことから、各科目をまんべんなく勉強することが大切です。

電験二種の二次試験は計算と記述の対策が必要

二次試験では2科目でそれぞれ計算問題が出題されます。計算問題では有効数字を多めに使って計算することで、誤差を生じさせることなく、正しい回答を導き出すことが可能です。二次試験対策を行う際は、有効数字を意識して勉強しましょう。また、試験中に計算機を使用するために、計算機の操作を完璧に覚えておくことが大切です。二次試験は時間が足りないと感じることが多いので、計算機の操作をマスターしておくと時間の節約につながります。

そして、二次試験を攻略するための重要なコツは、試験当日と同じ用紙で記述練習をすることです。計算の過程をどこまで書けるのか、論述問題の解答のスペースが足りるかなど、実践的な視点で練習すると効果的です。もう一つの論述問題対策として、試験官が理解できる文章が書ける力を身に付けておきましょう。

二次試験は、「機械・制御」で4問中2問、「電力・管理」で6問中4問を選択して解く仕組みです。問題の選択を間違えた場合、あとから別の問題を解くとタイムロスにつながります。タイムロスをしてしまうと試験全体の時間配分に悪影響をもたらすため、問題の選択に5分程度の時間を使って、どの問題を解くべきかを慎重に判断しましょう。

電験二種は難易度が高い試験

電験二種の資格を取得するには、一次試験、二次試験にそれぞれ合格することが必要です。例年の合格率は10~20%前後と低い反面、科目別の合格率は50%前後と比較的高い傾向にあります。

一次試験では数学の知識が必要な科目や、範囲が広く苦労する科目があるので、まんべんなく勉強しましょう。二次試験は計算問題の解き方や論述問題の書き方など、記述式の実践的な勉強が役に立ちます。二次試験での問題の選択は試験全体の時間配分に影響するため、最初にある程度の時間を使って問題を慎重に選ぶことが大切です。

電験二種は難易度の高い試験ですが、科目別合格制度も活用しながら、長期的な計画を立てて勉強に取り組みましょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『電験二種(第二種電気主任技術者)の難易度・合格率とは?一次試験・二次試験の攻略法』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください