危険物取扱者

危険物取扱者の甲種、乙種、丙種は何が違う?それぞれの特徴が3分で分かる!

200人の方が、この記事を参考にしています。

危険物取扱者は就職先が多く、有資格者には手当てが支給され、短期間で合格できる国家資格という魅力あふれる資格です。危険物取扱者の資格には甲種、乙種、丙種の3種類があり、それぞれで取り扱える危険物の範囲が異なります。

この記事では、甲乙丙種の違いについて詳しくお伝えします。

危険物取扱者とは?資格を取得するメリット

危険物取扱者とは

ガソリンなどの可燃性物質・高圧ガス・高圧電流など危険なものは身近に多くあります。危険物取扱者は、これらの中でも「消防法で指定された危険物」を取り扱うことのできる国家資格です。

石油・ガソリン・灯油などは取り扱いを間違えると大規模な火災を招きかねないため、一定量を超える危険物を製造・貯蔵・取り扱う施設では、正しい知識をもった危険物取扱者の配置が義務付けられています。さらに、甲種・乙種では保安監督や点検業務も担うことができます。

危険物取扱者を取得するメリット

危険物取扱者は国家資格の中でもメリットの多い資格です。具体的にどのようなメリットがあるのか、大きく3つのポイントに絞ってご紹介していきます。

① 就職・転職のチャンスが広がる!
先に触れた通り、消防法で定められた規定量を超える危険物を製造・貯蔵・取り扱う施設は、危険物取扱者の「配置義務」があります。そのため、こういった施設を管理する企業では危険物取扱者の有資格者を必要としています。求人案件も多いので、就・転職のチャンスが広がります。

②国家資格の中では“取りやすい”資格
化学や物理の知識がある程度必要とされる危険物取扱者なので、理系国家資格の登竜門と呼ばれています。理系資格と聞くと文系の方は二の足を踏まれるかもしれませんが、ポイントを押さえて勉強すれば、1カ月もかからず十分に合格を狙える資格です。

③昇給・奨励金の対象になりやすい
危険物取扱者の配置義務がある企業では、有資格者を確保するために給与や資格手当を支給する場合が多いです。また、入社時に資格を持っていなくても、危険物を取り扱うメーカーなどでは資格取得者に奨励金を支給する場合もあります。

危険物取扱者 甲乙丙種でできることの違い

消防法で定められた危険物は、さらにその危険度によって第1類~第6類に分類されています。同じ危険物取扱者であっても、甲乙丙種で取り扱うことのできる危険物は異なりますので、それぞれの資格で取り扱える危険物と、できることを見てみましょう。

甲種で取り扱える危険物とできること

甲種では第1類~第6類の危険物すべてを取り扱うことができます。加えて、危険物取扱者としての実務を6カ月以上経験すると、「危険物保安監督者」になることもできます。また、危険物保安監督者になると、甲種防火管理者の有資格者としても認められるので、危険物取扱者資格の最上位に位置します。

乙種で取り扱える危険物とできること

乙種では第1類~第6類の中で、資格を取得できた類(の危険物)のみ取り扱うことができます。乙種は甲種と取り扱える危険物が違うだけでなく、資格でできることも少し異なります。

例えば、危険物保安監督者に選任される条件が、「乙種危険物取扱者の取得している類において、製造所等で実務を6カ月以上経験すること」といったように、できることが限定されてきます。

また、危険物保安監督者になっても、甲種防火管理者の学識経験者として認められることはありません。

丙種で取り扱える危険物とできること

丙種では第4類の中でも、特定の危険物しか取り扱えません。
具体的には、ガソリン・灯油・重油・軽油・潤滑油・引火点130℃以上の第3石油類・第4石油類、動植物油類のみになります。甲種>乙種>丙種の順に取り扱うことのできる危険物が限定されるイメージですね。

さらに、無資格者への立ち合いができず、危険物保安監督者になることもできません。できないことだらけで不便な印象を持たれた方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。ガソリンスタンドなど丙種で取り扱える危険物の製造所等では活躍することができます。

危険物取扱者 甲乙丙種の試験内容の違い

受験資格が違う

乙種と丙種については、年齢や学歴などの受験資格がないので、誰でも受験することができます。

甲種は以下のいずれかの条件を満たすことが受験条件になります。

①大学院等で化学に関する学科を専攻し、修士・博士の学位を授与されている
②大学等で化学に関する学科を修め、卒業証明書でそれを証明できる
③大学等で化学に関する科目を15単位以上修め、単位修得証明書でそれを証明できる
④乙種危険物取扱者の資格を取得したのち、2年以上実務に従事している
⑤乙種危険物取扱者のうち、第1類または第6類・第2類または第4類に加えて、第3類・第5類を合わせた4つの免状を持っている

少しややこしいかもしれませんが、まとめるとこのようになります。

【受験資格のない方で甲種の取得を目指す方法】
・乙種のうちいずれか一つを取得後、2年の実務を積む
・乙種のうち⑤の組み合わせに該当するように、4つ以上の免状取得を目指す

勿論、大学院や大学に入学して化学を専攻するという方法もありますが、一番費用と期間を抑えられるのがこの方法になります。

試験科目が違う

甲乙丙種の試験に共通しているのは「3つの受験科目があること」と「3科目すべてにおいて60%以上正解することが合格基準」ということです。つまり、1科目でも60%に満たない科目があれば、他がどれほど高得点でも不合格となります。

また、受験科目の3科目は甲乙丙種で内容が異なりますので、詳しく見ていきましょう。

<試験概要>
①甲種の試験科目
〇危険物に関する法令(法令)              15問
○物理学および化学(物化)               10問
○危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(性消) 20問
五肢択一のマークシート方式で、試験時間は2時間30分です。

②乙種の試験科目
○危険物に関する法令(法令)              15問
○基礎的な物理学および基礎的な化学(物化)       10問
○危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(性消) 10問
五肢択一のマークシート方式で、試験時間は2時間です。

③丙種の試験科目
○危険物に関する法令(法令)              10問
○燃焼および消火に関する基礎知識(燃消)         5問
○危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(性消) 10問
四肢択一のマークシート方式で、試験時間は1時間15分です。

<受験科目一部免除についての条件>
甲種については受験科目の一部免除はありませんが、乙種・丙種については一部免除条件があります。
①乙種の免除条件と試験内容
乙種は丙種に比べて免除条件に大きなメリットがあります。その最たるものがこれです。
「乙種危険物取扱者免状を有する者」は、試験科目が「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(性消)」のみになります。ちなみに試験時間は35分になります。

他に火薬類の免状を持っていると一部免除になりますが、条件が厳しいので詳細は割愛します。

②丙種の免除条件と試験内容
「5年以上消防団員として勤務していること」に加えて、「消防学校の教育訓練のうち基礎教育または専科教育の警防科を修了している」ことが条件になります。

該当すると「燃焼および消火に関する基礎知識(燃消)が免除され、試験科目は
○危険物に関する法令(法令)              10問
○危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(性消) 10問
のみになります。合わせて試験時間も短くなり、1時間ですが、メリットは少ない印象です。

危険物取扱者を取るなら乙種4類がおすすめ

危険物取扱者に興味をもたれた方におすすめしたいのは、ずばり「乙種4類」になります。
受験科目の一部免除条件に関する、乙種の項目をもう一度見て頂きたいのですが・・・。「乙種危険物取扱者免状を有する者は、試験科目を性消のみとする」って、すごく魅力的だと思いませんか。

もう少し簡単に説明すると、乙種試験のうち1つでも免状を取得すれば、他の乙種試験が1科目だけになるということです。どれか1つだけまず頑張って合格すれば、乙種危険物取扱者試験の全類を合格するのも夢ではありません。

さらに、甲種を最終的には取得したい人も、乙種全類を取得することによって、甲種の受験資格を得ることができます。そこでまず最初に挑戦するのにおすすめなのが4類になります。乙種4類はガソリンや灯油・潤滑油など身近な危険物がほとんどです。また、ガソリンスタンドなど資格を取得したのちに勤務をすると、給与などの待遇面で厚遇されます。

まとめ

危険物取扱者は配置義務があるので、就職にも有利な資格です。取りやすい国家資格で、給与にも繋がりやすく、ポイントを押さえて勉強すれば短期間で合格を目指すことができます。

また、乙種に限っていえば、1つを取得すれば試験科目が大幅に免除されるという、メリットだらけの資格です。乙種4類からステップアップが一番の近道になります。資格取得にチャレンジしたい方にとてもおすすめなので、この機会に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

取りたい資格・知りたいことをお選びください