第一種電気工事士

第一種電気工事士のテキストはどれがいい?選び方も解説

5,425人の方が、この記事を参考にしています。

第一種電気工事士は筆記と技能の試験があり、全体では3割程度の合格率となっています。高難度というほどではないものの、簡単ではありません。難関資格と比較すると、比較的難易度は低い、といったところでしょう。

油断は禁物なので、ここでは合格するためのテキスト選び、勉強法などを解説します。

第一種電気工事士のテキストの選び方

フルカラーのものを選ぶ

第一種電気工事士の試験では、さまざまな機器の機能と特徴を覚えなければなりません。
機器にはさまざまな色が使われていますから、フルカラーのテキストを選ぶとイメージがつかみやすく、理解も深まります。

フルカラーのテキストでは、覚えておくべき重要なポイントが赤などで色分けされています。
イラストや図もふんだんに取り入れているため、見やすく学習しやすいこともメリットにあげられます。

要点がわかりやすいものを選ぶ

試験では、第一種電気工事士として押さえておくべき重要なポイントが優先して出題されます。
また学習にかけられる時間も限られますから、要点を絞って学習を進めることが合格に近づく秘訣です。
このためテキストを選ぶ際には、重要なところや難しい用語をわかりやすく説明しているものを選ぶことがおすすめです。

一方でぶ厚いテキストなど、重要でないところまで詳しく書かれているものもあります。このようなテキストは読むだけでも時間がかかります。
そのため、限られた時間で効率的に学習を進めたい方にはおすすめできません。

過去問題は数年分解いておく

第一種電気工事士の試験では、過去10年分程度の問題と解答が公表されています。過去問題を見ると、試験で頻出されている分野があることがわかるでしょう。
それは第一種電気工事士において、重要なポイントであることにほかなりません。

このため合格するためには、過去の問題を3年分以上解いておくことが重要です。
もちろん誤った問題はその理由を必ずチェックし、次に出題された場合はきちんと正解できるようにしなければなりません。
電気技術者試験センターで公表されている解答には解説がないため、テキストを利用して誤答の理由を調べておくことが合格への近道です。

第一種電気工事士のおすすめテキスト

すい~っと合格シリーズ

■ぜんぶ絵で見て覚える 第1種電気工事士筆記試験すいーっと合格(2020年版)

■ぜんぶ絵で見て覚える 第1種電気工事士 技能試験すい~っと合格(2020年版)

「すい~っと合格シリーズ」は、ツールボックスから出版されているテキストです。第一種電気工事士向けとして、筆記試験用と技能試験用が用意されています。

筆記試験用のテキストでは、イラストや図、写真を豊富に使用しており、わかりやすいことが特徴です。
試験に合格するためのポイントをていねいに解説しているため、効率的に学習を進められます。
くわえて付属する丸暗記ノートの利用により、重要なポイントを通勤や通学の電車内で確認できることも見逃せません。

一方で技能試験用のテキストでは、10種類ある候補問題全てについて、複線図や完成後の配線図をわかりやすく掲載しています。
くわえて電気工事士としてマスターすべき作業項目に、半分以上のボリュームを割いていることも特徴です。
各作業ページに記載のQRコードを読み込むことで、技能試験に必要な作業内容を動画で確認できることも、理解を深めるうえで役立つポイントです。

第一種電気工事士筆記試験完全解答

「第一種電気工事士筆記試験完全解答」は、オーム社から出版・販売されている問題集です。
過去10年間に出題された問題と解答に加えて、問題ごとに詳しい解説もついています。正解でない選択肢についても解説があるため、理解が進むことも特徴の1つです。

あわせて、筆記試験の要点も掲載されています。過去問題でわからない点の確認や、試験直前の要点チェックにも適しています。

筆記試験完全マスター

「筆記試験完全マスター」は、オーム社から出版・販売されているテキストです。過去の試験における出題頻度を見極めたうえで、重要な分野を取り上げています。
テーマは見開き2ページ単位に細分化されているため、学習を進めやすいことも特徴です。
もちろん合格に必要な範囲を網羅していますから、講習会や職業訓練校でのテキストとしても広く活用されています。

一方で数式問題をはじめ、説明は簡潔なので、詳しい説明をお求めの方には不向きです。ただし他のテキストよりも多くの内容が凝縮されていることは、メリットとして見逃せません。

第一種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答

「第一種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答」はオーム社から出版・販売されている、技能試験のテキストです。

10種類の候補問題それぞれについて、材料の写真や配線をどの長さで切断すべきか、また複線図や完成写真まで、一目でわかるように図解されています。
迷いそうなポイントもどう施工すべきかしっかり説明されているため、独学でも確実に学習を進められます。
文字も大きいため、小さい文字が読みにくい人でも安心して使えます。

くわえてこのテキストでは、配線図の書き方や基本的な作業の手順、欠陥となる例なども解説しています。そのため、このテキスト1冊で技能試験の対策が可能です。

独学だけでは不安な方は通信講座もおすすめ

ここまで解説したとおり、第一種電気工事士試験はよいテキストで学べば、独学でも合格可能です。しかし、全ての方に独学が向くわけではありません。特に以下のような方は、通信講座の利用をおすすめします。

  • 自分でテキストを読んで勉強することが苦手
  • 試験に何度も落ちている
  • わからないときに、質問できる人がいないと不安

通信講座の受講者には、電気のプロによる監修を受けたテキストが送付されます。
受講には数万円の費用がかかりますが、そのぶん独学では得られない、以下のメリットも見逃せません。

  • 標準的な学習期間が示されているため、スケジュールを立てやすい
  • わからない内容は質問できる
  • 筆記試験だけでなく、技能試験の製作物も添削指導を受けられる
  • プロの講師による動画で、理解しやすさがアップする。また通勤・通学時の学習も可能
  • 技能試験の材料が含まれている、または割引料金で購入できる講座がある

受講費だけを考えれば、通信講座は高額です。しかし、第一種電気工事士試験は年1回しか開催されません。
少ないチャンスを確実にものにすることを考えるならば、通信講座に費用をかけても十分なメリットがあります。
技能試験への対策も必要という点を考えると、独学だけで不安な方は通信講座の受講がおすすめです。

第一種電気工事士の合格率

第一種電気工事士の合格率は以下の表のように推移しています。

平成29年 平成30年 令和元年
筆記受験者数 38,427人 36,048人 37,610人
筆記合格者数 18,076人 14,598人 20,350人
技能受験者数 24,188人 19,815人 23,816人
技能合格者数 15,368人 12,434人 15,410人
筆記合格率 47.0% 40.5% 54.1%
技能合格率 63.5% 62.8% 64.7%

資格試験全般と比較して難易度は低く、令和に入って合格率も上がっています。

第一種電気工事士の勉強方法

参考書で独学

まず大前提として、第一種電気工事士は参考書で独学するとよいでしょう。難易度自体が低いので、1日2時間程度、これを3ヶ月くらい継続すれば合格基準に達するはずです。

動画学習をする

基本的には参考書での独学でも十分ですが、どうしても参考書だと頭に入らない、そもそも勉強が苦手、という方もいるかもしれません。その場合、動画学習という選択肢もあります。

動画なら受動的に学習できるので、参考書よりも流し見で勉強しやすいです。集中力に自信のない方にもおすすめの方法です。

専門学校で勉強する

第一種電気工事士は専門学校にカリキュラムが用意されています。基本は参考書、それが無理な場合でも動画学習で十分かと思いますが、どうしても一人で勉強するのが難しいのであれば専門学校という選択肢もあります。

専門学校なら半強制的に勉強させられることになるので、より確実と言えるでしょう。

まとめ

独学で第一種電気工事士の試験に合格するためには、テキストの選択が重要です。
写真を使った問題が出題されることや技能試験対策を考えると、フルカラーで要点がわかりやすいテキストがおすすめです。

比較的難易度の低い資格試験ではありますが、油断せず、確実に勉強を進めてください。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『第一種電気工事士のテキストはどれがいい?選び方も解説』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください