給水装置工事主任技術者

給水装置工事主任技術者の実務経験とは何を指す?受験に向けて確認しよう!

1,751人の方が、この記事を参考にしています。

給水装置工事主任技術者資格は、一定の実務経験が必要です。
実務経験があって初めて資格試験を受けることができるのですが、何が実務経験になるのか?という疑問が出てくるでしょう。

そこでこのページでは、実務経験の定義や、資格を取得するためにはどのような準備をしなければならないのか、などについて解説します。

給水装置工事主任技術者の受験資格

給水装置工事主任技術者を受験するためには、3年間の実務経験が必要です。
3年間の実務を経験した上で、給水工事技術振興財団が主催する試験をパスして初めて給水装置工事主任技術者資格を得られます。

また学歴、職歴、年齢、国籍、などの条件は一切問われません。必要なのは実務経験と試験にパスすることだけです。
また実務経験に該当するもの、該当しないものについて詳しくは後述します。

給水装置工事主任技術者試験の科目

給水装置工事主任技術者試験の科目を簡単に紹介すると、以下のようになっています。

・公衆衛生概論
・水道行政
・給水装置の概要
・給水装置の構造及び性能
・給水装置工事法
・給水装置施工管理法
・給水装置計画論
・給水装置工事事務論

以上の試験科目から、給水装置工事主任技術者試験では幅広い知識が求められることがわかります。

給水装置工事主任技術者の実務経験とは

給水装置工事主任技術者の試験を受けるためには実務経験が必要ということでした。
ここで出てくる疑問が、何が実務経験になるのか、ということです。

実務経験とは何を指す?

まず実務経験は給水工事に限られます。
雇用形態に関する取り決めは特になく、正社員ではないアルバイトや契約社員でも問題ありません。また一社ではなく、複数の会社で作業しても良いです。

合計が3年を超えれば、給水装置工事主任技術者の受験資格が認められます。
ただし、資材運搬や事務仕事は実務経験として認められません。
給水工事の経験に限定されているので、仮に近くで仕事をしていたとしても、給水工事そのものの経験がないと実務経験にはならないということです。

実務経験についてよくある質問

給水装置工事主任技術者の受験資格として定められている実務経験に関して、以下のような質問がよく挙げられています。

Q.下水道の工事は実務経験に含まれるのか。
A.給水工事だけなので、下水道は含まれません。

Q.いつの段階で実務経験3年の条件を満たしておけば良いのか。
A.受験の申し込み段階で条件を満たしている必要があります。

Q.すでに会社が倒産していて実務経験を証明できない。
A.責任者を探し、実印をもらう必要があります。後から実印をもらうのが大変な場合もあるので、あらかじめ実務従事証明書を作成しておく方法もあります。

給水装置とは

給水装置とは、水道事業者が道路下に設置した配水管より先から、配水管の水圧を利用して使われる建物の給水用具までの範囲における工事です。
給水工事技術振興財団が定義を定めており、「水道事業者の配水管から分岐して設けられる給水管と、それに直結して設けられる給水用具」となっています。

給水装置工事主任技術者の実務従事証明書が必要

給水装置工事主任技術者を受験するためには、実務従事証明書が必要です。
実務従事証明書には事業所の代表印が必要になります。

給水装置工事主任技術者の試験の申し込み方

給水装置工事主任技術者の試験に申し込む流れは以下です。

給水工事技術振興財団ホームページで、インターネット申込書作成システムに沿って情報を入力する。

すべての情報を入力した後に、「受験申請書類印刷ボタン」が表示されるので、印刷ボタンを押して受験申請書類を印刷する。

申請書類に記入する

受験手数料を指定口座へ振込む

提出書類を揃える

申請書類一式を財団へ簡易書留にて郵送する

実務従事証明書の作り方と注意点

実務従事証明書はフォームに従って作成し、事業所の代表印が必要です。
また事業所が虚偽の記載をし、虚偽の記載を受けた従業員は不正に給水装置工事主任技術者免状を受領しましたが、結果的に免状を返納する事態に至った事例がありました。

この事例では返納で済んでいますが、今後より悪質な虚偽の記載があれば、永久に資格取得ができないなどの措置を受ける可能性もゼロではありません。

給水装置工事主任技術者試験の受験時に必要な書類

給水装置工事主任技術者試験に応募する際には、以下の書類が必要です。

●受験願書・実務従事証明書
●証明写真
●払込確認用紙

給水装置工事主任技術者の受験願書には、上で説明した通り実務従事証明書という欄があります。
証明写真はサイズが決まっていて、縦4.5cm、横3.5cmのフチがないものと定められています。
当たり前ですが、正面から上半身を撮影したものです。あとは無背景、6カ月以内、などの条件があります。

受験手数料は郵便局の窓口やATMで支払います。受験願書を提出する際に、ご入金完了の際に受け取る「振替払込請求書兼受領証」もしくは「ご利用明細票」の原本が必要です。

給水装置工事主任技術者の仕事内容

給水装置工事主任技術者の仕事内容には下記のようなものがあります。

メンテナンスエンジニア

会社によって呼び方自体は様々ですが、給水装置に異常があった場合や新規に設置する場合に工事に立ち会う仕事です。
特に知識面が重要になる仕事で、給水装置工事主任技術者試験の内容と業務内容が重複する部分も多いです。

そのため、メンテナンスエンジニアの仕事は給水装置工事主任技術者試験で勉強した内容も役に立ちやすい業務と言えるでしょう。

給水管工事

給水管工事とは、給水管を含め、給水設備全般の工事を行う仕事です。
もともと給水管工事をやっていて、実務経験が3年を超えたので給水装置工事主任技術者の資格を取得する、というパターンが多いでしょう。

資格を取得したからといってすぐさま業務内容が変わるとは限りませんが、仕事の範囲が広がり、将来的なメリットになるはずです。
給水装置工事主任技術者資格を取得していることで、実務経験を積んでいることと一定の知識があることの両方をアピールできます。

そのため今の会社で活かせるだけでなく、転職の際にもアピールポイントとなります。

施工管理

施工管理は給水装置工事主任技術者資格を活かした選択肢としてもっとも定番のものです。
現場の設備だけでなく、現場の工事者も管理する立場にあります。
施工管理は3年以上の実務経験と、施工管理は給水装置工事主任技術者資格の両方があるからこそこなせる業務です。
端的に言えば現場の偉い人ということです。

まとめ

給水装置工事主任技術者になるためには、試験に合格できる知識だけでなく、3年以上というある程度長い業務経験が求められます。
知識と実務能力があって初めて給水装置工事主任技術者になることができるのです。

また実務経験になるものとならないものがあります。実務経験として認められるのは給水工事に限定されているので、その点は注意が必要です。
給水装置工事主任技術者資格を取得すれば、今の現場で役立つだけでなく、管理者になることや、転職市場で一定の評価を得ることもできます。

将来的にメリットの大きい資格なので、取得を目指す意義も大きいでしょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『給水装置工事主任技術者の実務経験とは何を指す?受験に向けて確認しよう!』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください