建築施工管理技士

建築施工管理技士に受験資格はあるのか?合格率や勉強方法を解説

64人の方が、この記事を参考にしています。

建築施工管理技士は、建設工事において建築物全体の管理を行う業務です。建物に関する計画・工程管理・安全管理などが主な業務となり、資格の種類は一級と二級に別れます。

また、建築施管理技士は業者の管理などにおいては特に人数が多くなる傾向にあります。そのため、上手くコミュニケーションを取りながら指示を出し、建物を完成に近づけていきます。付随する空調や電気、土木工事の業者とも連携する場合もあるため、非常にやりがいのある資格といえます。 

しかし、建築施工管理技士は全ての人が受験できる資格ではありません。そのため、ここでは建築施工管理技士の受験資格にふれたうえでオススメの勉強法などについても触れて行きます。 

1.建築施工管理技士の受験資格を知ろう

建築施工管理技士は、取得している級によって行える工事の規模が異なってきます。また、受験資格はそれぞれ異なるため、受験前に受験資格を知っておく必要があるでしょう。加えて、受験資格がなければ受験することができないため、ここでは受験資格の詳細について触れていきます。

1−1.1級の受験資格

ここでは1級の受験資格についてふれていきます。例えば、以下の要件を満たすことで建築施工管理技士の1級を取得することが可能です。

学歴

実務経験

大学卒業

指定学科:3年以上の実務経験

それ以外:4年6ヶ月の実務経験

短期大学、5年制高等専門学校、専門士を取得できる専門学校

指定学科:5年以上の実務経験

それ以外:7年6ヶ月の実務経験

その他の学歴

15年以上の実務経験

2級建築士の合格者は5年以上の実務経験

2級施工管理技士合格者で専任の監理技術者の下で2年の実務経験を積んだ場合、3年の実務経験(専任でなければ5年)

指定学科は非常に細かく規定されており、大学や高等学校・専門学校に入学する時点で建築施工管理技士を想定した学科の履修が必要となります。そのため、転職などで建設会社に勤めて施工管理を行っている方は学歴を考慮しつつ、2級の建築施工管理技士を取得し、3年以上の実務経験を積むことが最短のルートといえるでしょう。

1−2.2級の受験資格

ここでは2級の受験資格をみていきましょう。

学歴

実務経験

大学卒業

指定学科:1年以上の実務経験

それ以外:1年6ヶ月の実務経験

短期大学、5年制高等専門学校、専門士を取得できる専門学校

指定学科:2年以上の実務経験

それ以外:3年の実務経験

高等学校、専門学校

指定学科:3年以上の実務経験

それ以外:4年6ヶ月の実務経験

その他の学歴

8年以上の実務経験

2級の受験要件を満たす場合、大学の卒業者であれば指定学科を履修して卒業しなくても1年6ヶ月の実務経験で取得することが可能です。建築施工管理技士の2級を取得できた場合、学歴によっては1級に必要な実務経験年数を大幅にカットすることもできるでしょう。 

建築施工管理技士は1級と2級、どちらであっても実務経験が必要です。学歴によって必要な経験年数が大きく異なる事には注意が必要です。

2.受験資格保有者が建築施工管理技士を取得するメリット

建築施工管理技士を取得した場合、取得者の給与が上がりやすくなるだけでなく、建設業界で一定の評価を得ることが可能となります。

2−1.給与が上がりやすくなる

建築施工管理技士は、1級と2級に分かれるものの、建設業界ではどちらの取得者であっても資格手当を支給している企業が非常に多いといえます。金額は企業によって異なるものの、月々の給料が数万円異なるだけでも年間では数十万円単位の違いが発生することになるでしょう。

また、1級施工管理技士であれば場合によっては、年収か非常に大きく上がることもあるため、資格の取得によるメリットは非常に大きいといえます。

2−2.規模の大きい工事ができるようになる

非常に簡潔に表すと、1級の建築施工管理技士は、建築に関わるどのような規模の施工管理も行うことが可能です。厳密に言うと4,000万円(建築一式工事の場合は6,000万円)以上を下請契約して施工する建設現場には監理技術者を設置する必要があります。

1級の建築施工管理技士を取得することによって、監理技術者となることが可能です。また、2級の場合は4,000万円未満の工事の規模しか扱うことができず、経営事項審査の点数は1級と比べて低いといえるでしょう。

2−3.他社からの評価が上がる(転職し易くなる)

建築施工管理技士として長年活躍している場合、他社からも評価を得やすくなります。また、多くの業界では年齢がネックとなるものの、建設業界においては資格の保有者に対して幅広く採用していることが多いため、40代以降であっても転職できるチャンスは非常に多い状況にあります。

3.建築施工管理技士の受験資格別の最適な勉強方法

ここでは建築施工管理技士の最適な勉強方法についてみていきましょう。1級と2級では出題範囲だけでなく、試験の難易度も異なるため、受験する級に合わせた資格取得の勉強が必要となります。

また、指定学科の卒業か否かによって必要な学習の範囲が異なる場合もあるため、学歴をふまえた学習も考慮しましょう。

3−1.指定学科卒業者向けの勉強法

指定学科の卒業者の場合、大学であれば基礎的な知識は既に網羅している場合が多いといえます。そして、指定学科卒業の方が学習を進める場合は、テキストによる独学と動画による各種内容の確認が勉強方法としておすすめです。特に独学の場合は、過去問を徹底的に繰り返すだけでも十分な対策を行うことが可能でしょう。

仮に、テキストを開く時間がない場合などであっても、動画によって学習を進めることも不可能ではありません。 e‐ラーニングの場合は、テキスト・DVD・動画を駆使するだけでなく、必要な部分を徹底敵に学習することも可能であるため、部分的に苦手分野をカバーしたい場合もおすすめです。

また、建築施工管理技士2級であれば試験問題建築・躯体・仕上げの3つの分野に分かれており、担当できる業務はそれぞれの分野によって異なります。そのため、受験する際には会社の先輩などにどの分野の資格を取得するのか確認してから申込を行いましょう。

ちなみに、この区分分けは2級施工管理技士のみで1級施工管理技士には関係ありません。

3−2.指定学科以外の学歴保有者向けの勉強法

指定学科卒業者以外は、基礎知識を学習によって蓄積する必要があります。仮に、数年以上実務経験を重ねていても、基礎知識が定着していない場合、資格の取得は非常に難しいものがあります。現場で使用する知識だけでなく、建設工事に関わる総合的な知識が必要であるためです。そのため、どうしても建築施工管理技士を取得したい場合には、専門学校や動画での学習がおすすめです。 

専門学校は、夜間に講座を開いている箇所が多く、講師に対して質問を行うことが可能です。また、カリキュラムに沿って学習を行っていくため、自分でスケジュールを立てなくても学習の指針を得ることが可能です。動画に関してはスマホや PC などの空き時間に、知識の確認として活用できるため時間のない方も隔週を効率的に進めることが可能といえるでしょう。

4.建築施工管理技士の取得難易度

建築施工管理技士の合格率は、非常にばらつきがあります。しかし、近年では30%~40%が平均的です。そのため、適切な学習を行っていれば、資格の取得は難しくないといえます。受験する年によっては、合格率が非常に低下することもあるものの、出題傾向が大きく変わるといったケースであっても合格することは可能です。確実な合格を目指す場合は、通信講座や e‐ラーニングを駆使することをお勧めします。

例えば、数ある教材の中でも SAT の教材は、テキスト・ DVD ・動画を使用しているため、自分に合った学習方法を選択することが容易だといえます。また、わからなくなった部分もサポートに聞くことができるため、資格の取得まで安心だといえます。

5.まとめ

建築施工管理技士は、1級と2級に分かれており、的確な学習を行わなければ合格することができません。また、どちらにも実務経験の必要年数が設定されており、満たない場合は受験することができないことに注意が必要です。

加えて、学歴の違いによって、必要な実務経験年数が細かく分かれるため、把握したうえで資格の色を目指していきましょう。

 

取りたい資格・知りたいことをお選びください