建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者の難易度と、試験を突破する勉強方法

622人の方が、この記事を参考にしています。

建築物環境衛生管理技術者の資格は、ビルメンテナンス業界でも特に人気の高い厚生労働大臣免許の国家資格です。資格取得後は、建築物環境衛生管理技術者として特定建築物の監督を任せられます。社会的ニーズも高く年齢制限の幅もあり人気の資格ですが、それだけに受験者も多く難易度が高いと言われています。

しかし、試験対策を十分に準備しておくことで合格への確率も高くなります。ここでは、建築物環境衛生管理技術者の試験内容や難易度、合格への勉強方法などについてご紹介しています。就職や転職においても有効な資格なだけにぜひ取得したい資格です。

建築物環境衛生管理技術者とは

一般にビル管理士、ビル管と呼ばれている資格は、正式名称を建築物環境衛生管理技術者といいます。通称と正式名称がかなり違うので注意をしたいところです。建築物環境衛生管理技術者は、公益財団法人日本建築衛生管理教育センターが主催しており、国家資格に該当します。

よく似た資格にビル設備管理技能士がありますが、主催する団体が違うので確認する必要があります。

建築物環境衛生管理技術者の資格は、「建築物における衛生環境の確保に関する法律」を根拠としています。デパート、ホテル、オフィスビル、商業施設、学校、映画館といった大きい建物の維持管理や監督を行うのが主な役割です。

特定建築物は、延べ面積3,000平方メートル以上、学校に関しては8,000平方メートル以上の建物が対象となり、建築物環境衛生管理技術者を置くことが義務付けられています。

こうしたオフィスビル、複合施設といった建物で、空気環境測定、空調設備、給排水、清掃、害虫防除の維持管理を実施します。

例にとると、維持管理の立案計画、実行、測定値、評価、改善策作成、次回の維持管理計画に反映といった流れで行われます。特定建築物内における維持管理のほか清掃業者との打ち合わせ、自治体や周辺の建物に関わる人達との協議、交渉といった内容も業務に含まれるため、トータルマネージメントの役割も必要とされています。

この資格取得については、厚生労働大臣免許の国家資格、あるいは、厚生労働大臣登録講習会の修了をもって取得する2つの方法があります。ただし、受験資格には実務経験が必要です。

試験を受ける場合は、衛生管理上の維持管理に関する実務経験が2年以上必要とされています。講習での資格取得の場合は実務経験が5年以上とされています。学歴も受講資格により異なります。

試験日時も含めて募集要項を確認する必要がありますが、「公益財団法人日本建築衛生管理教育センター」のWebサイトから丹念にチェックしておきましょう。

建築物環境衛生管理技術者の難易度

建築物環境衛生管理技術者の合格率は19%前後

建築物環境衛生管理技術者の合格率は低いとされていますが、その過去数年推移を見ると、合格率は平均わずか19%ほどです。

この5年で見ると、平成26年は23%、平成27年は19%、平成28年は28%、平成29年は14%、平成30年は21%とここ数年は合格率が緩やかに上下しているのが分かります。

直近で見てみると平成30年の場合、受験者数10,096人のうち合格者数は2,339人です。合格率30%を切ると難易度が高いとされているだけに、平均19%ほどの合格率である建築物環境衛生管理技術者の試験は、合格率が低い国家資格と言えます。試験準備は早めに行うことが合格への大事なステップであることが分かります。

試験科目の必要正解率と試験内容・試験科目

建築物環境衛生管理技術者の試験科目は、7科目の選択方式により問題が出されます。7項目180問のうちおよそ117問の正解が合格基準です。試験科目の必要正解率は、それぞれどの科目も40%以上必要であり、かつ、全科目の総合点数の65%以上の正解率で合格となります。

建築物衛生行政概論が70%以上の点数でも建築物の環境衛生が35%の正解であれば不合格になります。それだけに7つの試験科目を平均して取れるように勉強する必要があります。苦手な科目を早く知り重点的に対策することが合格へのポイントです。

下記は試験内容と試験科目、講習内容と講習科目を記載しています。試験と講習とでは、受験資格や費用が異なるため必ず確認しておきましょう。

【試験内容】
受験資格:実務経験2年以上
受験料:13,900円(非課税)
試験会場:札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市
試験日:毎年10月

【試験科目】
1.建築物衛生行政概論(20問)
2.建築物の構造概論(15問)
3.建築物の環境衛生(25問)
4.空気環境の調整(45問)
5.給水及び排水の管理(35問)
6.清掃(25問)
7.ねずみ、昆虫等の防除(15問)

【講習内容】
受験資格:実務経験5年以上
受験料:108,800円(テキスト代含む)
試験会場:東京都、大阪市
試験日:指定された日

【講習科目】
1.建築物衛生行政概論(12時間)
2.建築物の構造概論(8時間)
3.建築物の環境衛生(13時間)
4.空気環境の調整(26時間)
5.給水及び排水の管理(20時間)
6.清掃(16時間)
7.ねずみ、昆虫等の防除(8時間)

【講習期間】3週間

建築物環境衛生管理技術者の難易度が高い理由

平均合格率が低い建築環境衛生管理技術者の試験ですが、難易度が高いのにはいくつか理由があります。

全ての科目で40%以上を獲得する必要がある

建築物環境衛生管理技術者の合格基準は、それぞれの科目において40%以上必要です。およそ半分は暗記問題のため努力が報われることもありますが、残りの半分は計算力や応用力が必要とされます。

たとえば、含水率や容積質量といった数値を出す計算問題があり、数学の知識が問われます。6科目それぞれ40%以上あっても、たった1科目合格得点に達しなければ、不合格になります。どの科目も40%以上クリアするためには、文系の人は特に計算問題に力を入れる必要があります。

受験者の平均年齢が高い

特定建築物においては、建築物環境衛生管理者を選任する義務があります。雇用側からすれば、必ず必要とする人材でもあります。一方、働く立場からすれば、転職に役立ったり企業であれば資格を取ることで社内での待遇もよくなり資格手当が出る企業もあります。

転職を考えている人などは、資格を取得することで条件のいい就職先が見つかるかもしれません。比較的、年配者でも長く働けるということから、受験者の平均年齢が高いことが挙げられます。

しかし、実務経験があっても学校を卒業してから試験に臨むというのは若いときにはバイタリティーがあるかも知れませんが、勉強から離れてからの受験は一苦労です。しばらくぶりの試験に対応できるかどうかも合格へのポイントです。それだけに日ごろの勉強が大事であることが分かります。

広範囲から出題される試験内容

建築物環境衛生管理技術者の試験の特徴は、180問といった出題される問題数の多さが挙げられます。さらには、その出題範囲が広いことが難易度を上げている理由です。建築物の空気環境以外に環境衛生ほか給排水管理、清掃、ねずみ、害虫防除に至るまでその試験科目が連なっています。

試験も年に1度しかチャンスがなく、しっかり勉強しなければ受験する意欲まで下がります。対策としては、試験内容は広範囲だけに、覚えやすい暗記問題を中心に基本事項を勉強します。そして、計算問題、過去問へと応用力をつけていくことがポイントです。

難易度が高い建築物環境衛生管理技術者に合格する方法

暗記はコツコツ繰り返し覚える

暗記問題は、コツコツ繰り返し覚えることで合格率がアップします。出題数の内、およそ半分程度は暗記問題であることからしっかり時間を取りたい箇所です。

ただ、暗記といっても理解しながら勉強することが、応用問題を解くカギに繋がることからしっかり参考書に向かう姿勢が大事です。難易度が高いとされていますが、参考書や通信教育なども充実しており努力することで合格へと近づくことが期待できます。

隙間時間で参考書を読む

効率よく勉強するには、隙間時間を有効活用することがポイントです。例えば、電車の中やカフェでの空き時間といった具合に自由になる時間を少しでも利用することをお勧めします。

独学の場合は、およそ1,000時間必要であると言われているだけに熟読に要する時間がかかります。働きながら取得しようと思えばそれ以上かも知れません。

コンスタントに勉強時間を当てることが難しい人は、隙間時間で習得するのがいいでしょう。およそ1年程度で習得できる内容と言われていますが、個人差もあるだけに、いかに時間を有効利用するかが合格への第一歩です。

動画教材を使って効率よくインプットをする

独学であれば1年程度かかる建築物環境衛生管理技術者ですが、動画教材を利用すれば、最短30日で終わるカリキュラムがあります。短期集中で頑張りたい人へのお勧めプランです。

YouTubeといった媒体でも動画配信できるものがあるようですが、無料と謳いながら料金体系がよく分からない場合もあるので、信頼できる会社を選ぶことが先決です。

しっかりした動画教材であれば、教育訓練給付制度があったり、返金保証があったりと内容も様々です。モバイル受講もでき場所を選ばないeラーニングという勉強方法もあることを知っておくといいかも知れません。

過去問題集でアウトプットをする

時間節約のため、すぐに過去問題集へ取り組む人もいますが、基礎知識がほとんど無いという方は予め参考書に一通り目を通した方が良いでしょう。参考書を読むことで効率的に必要な基礎知識が習得できるため、参考書でインプットをした内容を過去問題集を解いてアウトプットをするようにしましょう。

基礎知識を学んだ後は、過去問題集を繰り返し解いてみることで合格率がアップします。

建築物環境衛生管理技術者の試験は難易度が高いですが、問題の意味を理解しながら解いていくと効率のよい取り組みができ、さらには、過去問題集で間違った箇所は、参考書へ戻るといったパターンで勉強すると正解率が上がります。

独学が苦手な人は通信教材を使う

参考書を利用して独学で建築物環境衛生管理技術者へ臨むのも一つの方法ですが、効率よく勉強するには通信教育がお勧めです。しっかりしたカリキュラムが決められていて、試験内容の傾向に沿った勉強ができます。広範囲から出題されるだけに通信教材に頼りたいと思う人も少なくありません。

カリキュラムをこなせば自信もついてきますし、苦手意識も薄まります。試験当日も緊張することなく試験を受けることができます。独学が苦手な人は、通信教材を使用することで時間を無駄にすることを防げます。

まとめ

今回は、建築物環境衛生管理技術者の試験内容、合格率、難易度、勉強方法について紹介してきました。

建築物環境衛生管理技術者は、ビルメンテナンス会社や特定建築物を持っている団体、企業などから注目されている資格です。それだけに難易度も高いですが、資格を取ることで転職に役立ったり、収入アップに繋がります。難易度が心配と思う人もここでご紹介した合格する方法を参考に、ぜひ資格取得に向けてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

取りたい資格・知りたいことをお選びください