電気工事施工管理技士

電気工事士と電気工事施工管理技士の違いとは?仕事内容や難易度を比較

電気工事士と電気工事施工管理技士の違いとは

581人の方が、この記事を参考にしています。

電気工事の資格で知名度の高い資格といえば、「第一種電気工事士」「第二種電気工事士」が挙げられますが、「電気工事施工管理技士」とはどのように違うのか、詳しく紹介していきます。まずは「電気工事士」からみていきましょう。

「電気工事士」とは

「電気工事士」とは、住宅、店舗、工場など配線設備工事や電気工作物に関連する専門的な知識と技術がある電気工事のエキスパートです。電気工事士を目指す多くの人が始めにとる資格が「第二種電気工事士」と「第一種電気工事士」です。

電気工事法により、一般用電気工作物、500kW未満の自家用電気工作物の工事は電気工事士しかできないため、需要の高い資格です。

「第一種電気工事士」と「第二種電気工事士」の違いでは、工事できる範囲や試験の難易度、合格率が異なります。「第一種電気工事士」は、工場やビルなど大きな施設の電気工事が可能です。一方で「第二種電気工事士」は、一般住宅やコンビニのような小規模店舗の電気工事しか行えません。次に「電気工事施工管理技士」をみていきましょう。

「電気工事施工管理技士」とは

「電気工事施工管理技士」とは、工事の保安の監督や施工計画、工事品質の管理を行える国家資格です。しかし、この資格だけでは現場の工事はできません。工事をする場合は「第一種電気工事士」や「第二種電気工事士」の資格が必要です。しかし、「電気工事施工管理技士」は「電気工事士」と比較して、より難易度の高い資格のため、簡単には取得できないでしょう。

「電気工事施工管理技士」は、電気工事の現場を統括するだけでなく、スケジュール調整など仕事は多岐にわたります。また、電気工事全般の統括ができる資格のため、平均年収は500~700万円台と高収入です。学歴や実務経験、資格の有無などによっても年収は大きく変わりますが、比較的高い給与が望めます。転職や年収アップを目指す方にとって「電気工事施工管理技士」はなくてはならない資格です。

「電気工事施工管理技士」の仕事は激務といわれていますが現場の統括や進捗、スケジュール調整など自分の裁量で調整することも可能であったり、担当した現場が出来上がっていく様子を間近で確認できたりといったメリットがあります。

「電気工事士」と「電気工事施工管理技士」の違い

「電気工事施工管理技士」と「電気工事士」の違いは、「仕事内容」と「目的」です
まず、「電気工事士」は、電気工事を行う上で必須の資格ですが、「電気工事施工管理技士」はこの資格があるからといって電気工事はできません。

職人として電気工事を行いたい方は「電気工事士」、ゼネコンなどで電気工事の管理、監督をしたい方は「電気工事施工管理技士」の資格が必要です。「電気工事施工管理技士」は「電気工事士」より、工場現場での立場が上になる資格のため、専門知識はもちろんのこと、受験資格や実務経験年数も問われる資格です。電気工事の資格の中でも難易度が高く、1級と2級があります。

また、「電気工事施工管理技士」は下請契約の請負代金が総額4000万円以上の場合に設置が義務づけられる「監理技術者」の資格取得に必要です。

「電気工事施工管理技士」の資格を管轄しているのは国土交通省で、建設業法が適用されます。これに対して、「電気工事士」の資格は、経済産業省の管轄です。

「電気工事士」と「電気工事施工管理技士」の難易度を比較

次に電気工事に関連する資格の合格率を元に、難易度を比較してみましょう。

資格 難易度 平均合格率
第二種電気工事士 ★★★☆☆ 筆記70% 技能67%
第一種電気工事士 ★★★★☆ 筆記54% 技能64%
2級電気工事施工管理技士 ★★★★☆ 学科58% 実地45%
1級電気工事施工管理技士 ★★★★★ 学科40% 実地66%

引用元:
電気工事士
一般財団法人 電気技術者試験センター
https://www.shiken.or.jp/examination/e-construction02kekka.html

電気工事施工管理技士
一般財団法人建設業振興基金施工管理技術検定
https://www.fcip-shiken.jp/about/kako.html
http://www.mlit.go.jp/common/001299950.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001297452.pdf

上記の通り、合格率を見ると、1級電気工事施工管理技士が一番難易度が高いとわかります。

まとめ

「電気工事士」と「電気工事施工管理技士」の違いを紹介してきましたが、仕事の内容や収入の違いをみて、「電気工事施工管理技士」の資格をとりたいと感じた人は多いのではないでしょうか。まずは2級電気工事施工管理技士から挑戦してみることをおすすめします。合格に必要な勉強時間は60時間といわれていますので、1日2時間の勉強を30日間続けられる環境を整え、試験勉強を進めてはいかがでしょうか。あなたが望むキャリアと年収アップに近づくことができるでしょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『電気工事士と電気工事施工管理技士の違いとは?仕事内容や難易度を比較』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください