施工・安全衛生系資格

働きがいがある?電気通信工事施工管理技士の仕事内容や魅力を徹底解説!

570人の方が、この記事を参考にしています。

電気通信工事施工管理技士は30年ぶりに新しく誕生した施工管理技士の資格で、電気工事施工管理技士とは、また異なり通信に特化した施工管理技士です。電気工事施工管理技士との大きな違いは、通信と電気そのものという違いがあります。

電気通信工事施工管理技士の場合は、現代では必需品になった通信技術の工事を管理、監督するための資格で、分野的にも技術の発展が非常に早いため非常に高い需要が見込まれる分野でもあります。

現場系の中では施工管理技士は、経験の証明として非常に役に立ちます。転職を行う場合でも資格を持っているかどうかで転職のしやすさも大幅に異なることもあるのです。今後より注目される資格と言えるでしょう。

そのような電気通信工事施工管理技士ですが、実際にどのような職業があるのか? また、具体的な仕事内容はどのようなものなのか? この記事ではそのような疑問に対して紹介しています。資格取得を考えている方は是非とも参考にしてみてください。

1.電気通信工事施工管理技士とは?

電気通信工事施工管理技士は、通信技術工事の施工管理者としての能力があることを証明する資格です。簡単に言えば、電気通信工事の計画から工事の監督、終了までを全て把握し実行することが出来る人物のことです。

この資格を取得することで、施工管理者を専任することが出来るため、仕事も非常にやりやすくなります。現場経験が豊富な人物と見られるため、安心して現場の指揮を任せることが出来るのです。

電気通信工事施工管理技士は、電話やインターネットなどを使えるようにするために工事することです。有線LANを張り巡らせたり、基地局を設置したりと様々な通信工事を担当することになります。

2.電気通信工事施工管理技士の仕事内容

電気通信工事施工管理技士は具体的にどのような仕事があるのかと言われると意外と思い浮かばないこともあるかもしれません。そこで、ここでは電気通信工事施工管理技士の仕事内容について大まかに紹介していきます。

電気工事通信スタッフ

電気通信工事施工管理技士を取得するには1年~1年半以上の実務経験が必要になってきます。電気通信工事スタッフがまっさきに思い浮かぶかと思われます。名前の通り、電気通信工事を行う作業員です。

施工管理技士を取得しても、現場で完全に工事をしないということは経験が短い場合はあまりありません。複数の案件を同時に抱えている場合は別ですが、基本的には工事も行いつつ現場の管理もします。

電気通信工事と言っても非常に多様でLANケーブルの新設や基地局の設置、電波障害の調査・解消など、状況に応じた現場がありその全てに対応する必要があるため、やはり現場経験が重要です。

施工管理

電気通信工事施工管理技士を取得した場合は目指す先は施工管理でしょう。電気通信工事である程度の経験を積んだ後は、施工管理として複数の現場を管理することになるはずです。

電気通信工事施工管理技士を取得することができれば、営業所の専任者として任命されることにもなるため、業務の幅も一気に広がります。

また、大型の現場になればなるほど当然関わる人員も多くなります。基本的には個人でやることはまずありません。複数人のチームで関わることが前提となり、この人員をどのように効率よく運用するかも重要になるのです。

まず、建築の現場は余裕のあるスケジュールというものはほぼありません。常に何かしらのトラブルが起こり、スケジュールはむしろ足りないことの方が多いのです。その中で、他の業者や元請け、下請けとのやり取りなどをもこなして期日通りに現場を終わらせる必要があります。

3.電気通信工事施工管理技士の仕事内容の魅力と大変な面

ここまでは電気通信工事施工管理技士の仕事内容について紹介してきましたが、ここからは仕事の具体的な魅力と大変な面について紹介していきます。

電気通信工事施工管理技士の仕事の魅力

電気通信工事施工管理技士は新設されたばかりの資格ですが、これから確実に伸びていく分野ですので非常に魅力に溢れている仕事です。ここでは電気通信工事施工管理技士の魅力について紹介していきます。

未経験からでも仕事ができる

電気通信工事施工管理技士は実務経験が必要ですが、完全未経験でも1年半で資格取得の条件を満たします。実務経験を積めば確実にステップアップができる資格であり、業務経験を積めば仕事の幅はどんどん広がっていきます。

業界全体で人手が不足している上に新資格、急速に成長している技術ですので全く人手が足りていません。未経験からでも仕事はありますし、かなり早い段階で様々な業務や現場に立ち会えるので成長も早いでしょう。

これから重宝される資格

電気通信工事施工管理技士はインターネットが今後さらに発展していくことを考えると益々重宝される資格と言えるでしょう。早めに取得しておくことで、新技術への対応や現場での柔軟性も磨かれるでしょう。

新技術に触れられる

通信技術の進歩は非常に早く、気がつけば昔はメジャーだった技術はいつの間にか全く使われない技術になっているということもよくあります。そんな最新技術を導入するのが電気通信工事施工管理技士です。

すべての企業が最新技術を導入するわけではありませんが、最新技術を理解し、実際に顧客への提案や導入を行うのは電気通信工事施工管理技士なのです。そのような最新技術にいち早く触れられるのは非常に魅力的と言っていいでしょう。

電気通信工事施工管理技士の仕事の大変な面   

ここでは電気通信工事施工管理技士の大変な面を紹介していきます。これから取得しようと考えている方は是非とも参考にしてみてください。 

覚えることが非常に多い

電気通信工事施工管理技士は非常に覚えることが多いです。電気通信技術は日夜進化しているため、最新技術を常にキャッチアップしていかなければあっという間に仕事は他に取られてしまうでしょう。

特に未経験から始める場合は通信技術の基礎を覚えることや現場の適切な判断など、やることは山のようにあります。施工管理だとしても他の業者や元請けとのやり取りに加えて、技術の吸収と仕事の幅が広い分かなり忙しいでしょう。

新設された資格であるが故に人数も少ないため、掛かる負担も大きめになりがちです。その分技術を早い段階で積むことができことがメリットでしょう。

体力が必要

電気通信工事の辛いところはまずは体力勝負な点でしょう。この点はどの工事もそこまで大差はありませんが、設備系は特に体力が必要になってきます。業務にもよりますが、業務の幅が広いため体力は必要です。

工事の時間は正確に決められているところもあれば、業者との兼ね合いによってズレたりすることも日常茶飯事です。他の業者が作業をしている間には予定の作業が進行できないなど、計画通りには行きません。そのようなケースには臨機応変に違う仕事を行ったり、他の業者や元請けとの交渉に進捗報告などがあります。これは現場においてやることであり、他の仕事も当然あります。各種書類の申請に図面を書くケースもあります。大まかな建築図面はもらえますが、配線の配線図は自分たちで書く必要があります。

図面は多くの場合は担当がいることもありますが、他の図面との兼ね合い例えば、配管図や建築図などが現場で変更になる場合や若干違うケースなどはよく起こります。その場合には現場での修正対応が求められるなど工事以外にも仕事があり、非常に幅広い業務をこなさなくてはならないため、体力が重要な要素になってきます。

働く時間にばらつきがある

働く時間にバラツキがあるのもこの業界の特徴です。様々な業務に対応が可能になる分、働く時間も変動しやすいのです。きっちり働く時間を決めたい方はどの分野を中心に扱っているかで求人を探すとおおよその働く時間の傾向が見えてくるでしょう。

4.電気通信工事施工管理技士の仕事内容と年収の関係性

電気通信工事施工管理技士は専門的な資格ですが、年収はどの程度なのでしょうか?ここでは電気通信工事施工管理技士と年収の関係性について紹介します。

電気通信工事施工管理技士の一般的な年収

電気通信工事施工管理技士の一般的な年収は400万~600万円程度が相場となっています。現場の大きさや業務の複雑さなどによっても年収は変わってきます。

同じ仕事でも有資格者と無資格者でどれくらい年収が変わるのか

未経験で電気通信工事を行う場合は300万~500万程度で概ね100万程度下がります。実務経験があれば取ることはそこまで難しい資格というわけでもないため、やはり有資格者と無資格者では100万円程度年収に差が付きます。

5.電気通信工事施工管理技士の仕事に向いてる・向いていないを判断するポイント

ここでは電気通信工事施工管理技士に向いている方、向いていない方を大まかに説明します。

向いている人の特徴と判断ポイント

向いている人は向上心のある人でしょう。この資格は経験をアピールするのもので、取ってからが本番という部分もあります。向上心がない場合は現場でキャリアを積むことは難しいです。

向いていない人の特徴と判断ポイント

現場で工事をずっとやっていきたい人は向いていないかもしれません。有資格者になれば他の業務の方が忙しくなることは間違いありません。現場を複数抱える場合でも、責任者に任命されやすくなるためです。

徐々に工事からは離れるようになることもよくあることです。そのため、現場で工事を極めたい方には向いていないかもしれません。

6.まとめ

電気通信工事施工管理技士は新設されたばかりの資格ですが、将来的にも非常に有望な資格の一つであると言えるでしょう。最新技術に触れたい方や有望な分野で経験を積みたい方などは是非とも資格の取得をおすすめします。SATでは短期間で合格できる講座をご用意しています。一度、ご検討ください。

取りたい資格・知りたいことをお選びください